スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮ほうとう

20090331232206
20090331232204
20090331232200
昨日に引き続き、深谷でのお仕事。

お昼に煮ほうとうを頂きました!

人数がいたので、鉄鍋で出てきましたよ!(^O^)

菜の花のゴマ和え(多分)もすごくおいしくて、元気になりました(笑)

趣のあるお店でした。

地域の美味しいものを食べられて幸せ~(=^▽^=)

事務所の大先輩、五十嵐さんは1日目だけご一緒させていただきました。

今日は劇団の、上田さんと二人での撮影でした~!
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

深谷でお仕事っすか。お疲れ様です~
ネギ、ネギ、ネギ~♪
煮ほうとうですか。もともと煮てあるような気がしますが、
より煮込んでるんでしょうかね~
前のランチも、おいしそうですね~
安くてうまい!
そして誰かと一緒の食事が一番!

おいしそうですね。

はるかさん、お疲れ様です。

煮ぼうとう、おいしそうですね。
おいしく楽しく、いただいたようですね。
うらやましい限りです。
その地域のおいしい物が食べられるなんて、
幸せですね。

はるかさんの優しく素敵な笑顔が見られて、
癒され、幸せな気分になれました。
ありがとうございます。
では、では。

P.S.
深谷市もほうとうが、有名とは知りませんでした。
呼び方も、ほうとうではなく、煮ぼうとうというふうに、
変化するんですね。
色々初めて知りました。
ありがとうございます。
”煮ぼうとう”を食べてみたいです。
機会があれば、深谷市に行ってみたいと思います。
失礼しました。

フサイっちさま

深谷はなかなかに遠かったです
確かにほうとうは煮込みですよね(笑)
こちらのお店は注文が入ってから打ってるんだそうですよ~!
みんなで食べるご飯は美味しいですよね

Riichiさま

そうか、地域によって呼び名が変わるんですね~!!
ほうとうというと、私の中では、かぼちゃが入っているものだと思っていたんですが、煮ぼうとうはかぼちゃが入っていませんでした。
これも地域で違うんでしょうか~。
是非、機会がありましたら、食べてみて下さい

かぼちゃは入っていないようです。

はるかさん、お疲れ様です。
コメント返しいただき、ありがとうございます。

機会があったら、ぜひ食べたいです。

やはり、地域によって、多少内容が
異なるようですね。
山梨県内がカボチャを入れることが、
多いとありました。(wiki)
煮ぼうとうは、深谷市観光協会の
ページなどを見ると、かぼちゃは入って
いませんでした。
あと、ほうとうは味噌仕立てですが、
煮ぼうとうは醤油仕立てです。

材料は、こんな感じでした。(深谷市観光協会)
生麺:240g
長ねぎ(深谷ねぎがオススメ!):50g(ぶつ切り 3~4cm)
白菜:50g(ざく切り 3~4cm)
大根:30g(いちょう切り厚さ 5mm)
人参:15g(いちょう切り厚さ 3mm)
しめじ:適量(ばらばらに解す)
ごぼう:10g(削ぎ切りしあく抜き)
干し椎茸:1~2枚(水でもどし、細切り)
鶏肉:100g(ぶつ切り)
油揚げ:0.5枚(短冊切り)
 
季節の野菜(お好みで入れてください)
じゃがいも
里芋
八頭
白茄子
舞茸
※トッピングに柚子(皮)や七味唐辛子をのせてください。

・・・とありました。

深谷市観光協会の煮ぼうとうのページ
http://www.fukaya-ta.com/niboto/

NHK食料プロジェクトの煮ぼうとうのページ
http://www.nhk.or.jp/shokuryo/recipe/saitama.html

ほうとう(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%86

勉強になります。
ありがとうございます。
では、では。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。